ユーザーリポート
有限会社ホーゲン薬局様 薬局待合室で取材中の代表取締役 金子守宏様とユヤマ 松尾

No.2有限会社ホーゲン薬局様

投薬画像記録システム EVINOTE(エビノート)

薬局内窓口
応対者)有限会社ホーゲン薬局 代表取締役 金子守宏様
取材者)株式会社ユヤマ 営業企画部 松尾笑加

取材に快く応じてくださった金子社長

(松尾)エビノートを導入された経緯についてお聞かせください。

(金子社長)他の薬局で導入しているという話を聞いて検討しました。
メンタル(精神科へ通う患者さん)の処方箋や、高齢者も多く、投薬時にはきちんと数を本人にも確認して頂くようにしています。
それにもかかわらず、後日、その患者さんから薬が足りないといったクレームのお電話を頂くことがたまにあります。
こういった場合の対処方法としてエビノートを導入しました。
導入したばかりのころは、そういった患者さんに画像を見せて納得して頂いておりましたが、今ではそういったクレームがほとんどなくなりました。

(松尾)エビノートは、薬剤師の先生方が通常業務の中で記録できるよう、
QRコードを処方箋などで隠すと自動記録がスタートする仕組みを採用しておりますが、
実際に使用されてみて、使い勝手はいかがでしょうか?

(金子社長)実際に記録した画像を確認する際、(QRコードを隠している時のみ記録しているので)余計な画像がなくて探しやすいです。
また、画像データをより長く保存できるところがいいですね。

(松尾)設置にあたって、工事の具合はいかがでしたでしょうか?

(金子社長)工事は思ったより簡単でした。薬局のデザインもくずれませんでした。

(松尾)現在、業務の中で、エビノートがどのように活用されていますか?

(金子社長)(前述のような)患者対応や、投薬した後に薬剤師が不安になった際に、その不安を払拭するための画像確認に活用しています。
また、エビノートがあることによって、勤務している薬剤師に安心感をもたらしています。
就職の面接に来られる薬剤師さんにも好印象ですね。

(松尾)実際にエビノートで撮影した画像が役に立った事例はありますか?

(金子社長)薬が足りないと言ってきた患者さんに処方していた薬が、中断するわけにいかない薬だったので、投薬の不備がなかったことを画像を使って説明したうえで、不足分の薬をお渡ししたところ、後日、薬が見つかったとその薬を返しに持ってこられたんです。これ以降、この方とは非常によい関係ができました。

ホーゲン薬局様はこんなところ

「一流ホテルのロビーのような待合室にしたい。」(金子社長)

ホーゲン薬局待合室

ゆったりとしたスペースの静かな待合室

待合室は照明を落とし、外の騒音が入ってこない、落ち着いた空間演出。
また、ポスターなどでうるさくならないようデザインされた壁面や、待合室から見える調剤室内の配色など、患者さんに心地よく過ごして頂くための配慮が随所に感じられます。

エビノートは受付窓口に6台設置されています。

ユーザーリポートのトップに戻る
Webサイトトップに戻る