ホーム > 製品紹介 > 製剤ロボット・機器 > 抗がん剤混合調製ロボット(ケモロ)
製剤室設備機器
動画で見る
ChemoRo

前人未到の安全環境。
世界最先端の
抗がん剤調製環境の実現へ。

73%の薬剤師の皆さんが
不安に感じている現状を変革します。

2,000施設に送付されたアンケート調査では、抗がん剤の調製を行っていると回答した360施設のうち、実に約73%もの薬剤師が抗がん剤調製に対して不安を感じているという結果がでました。
日々業務を行う調製者に対する影響のエビデンスがそろわない中、安心・安全な調製の実現をユヤマから国内初のロボットとしてご提案します。

※医療薬学 2012 Vol.38, No.7 (東京大学大学院薬学系研究科、㈱ユヤマ)

その設計思想は、輸液バッグさえも曝露させない。
ChemoRo

■調製ゾーン

双腕ロボットが実際に抗がん剤を調製するゾーン。Class100の清浄度が保たれた陰圧のクリーンスペース内で、抗がん剤の清潔な取扱いと、調製担当薬剤師の安全性の両面を実現します。

■トレイセットゾーン

あらかじめ調製毎に必要な薬品や機材を専用トレイにセットしておきます。その後、バーコードで処方内容を認識してから、トレイを調製部に搬送ラインを使って送り込みます。ChemoRoの全ての構成要素のスターターユニットです。

■輸液セットゾーン PAT.

輸液だけは、抗がん剤の抜き取りや溶解・撹拌を行うスペースとはまったく別ゾーンにセット。つまり、調製後、抗がん剤に表面を汚染されていないバッグが病棟に運ばれる事から、看護師等の投与者にまで安全な業務環境を提供します。

抗がん剤曝露調査 定期モニタリングで安心な作業環境へ
薬剤師も、看護師も、患者も医師も、みんな安心な抗がん剤調製を。
ChemoRo

【仕 様】


製品名 抗がん剤混合調製ロボット ChemoRo(ケモロ)
製品型式 YS-CA-AMX
外形寸法 抗がん剤調製ロボット
クリーンベンチ
幅 1,890 × 奥行き 1,120 × 高さ 2,150mm
幅 780 × 奥行き 890 × 高さ1,770mm
装填テーブル(オプション) 幅 715 × 奥行き 680 × 高さ1,250mm
質量 抗がん剤調製ロボット 約950kg、クリーンベンチ 約165kg、 装填テーブル 約55kg
電源 抗がん剤調製ロボット 単相AC200V±10V・15A(50/60Hz)×1 AC100V±10V・15A(50/60Hz)×1
装填テーブル/クリーンベンチ AC100V±10V・15A(50/60Hz)×1
消費電力 6.0KVA(MAX)
調製機能 攪拌機能、泡立ち防止機能、コアリング防止機能、輸液エア抜き機能
曝露防止機能 エアカーテン機能、輸液口の拭き取り機能、輸液バッグ被曝防止機能
排気環境 HEPAフィルター100%室外排気(250Φダクト工事が必要です)
殺菌 殺菌灯
対応アンプル 1ml~20ml(胴径10~25mm、全長25~120mmまで)(予定) コマフィルターを使用
対応バイアル 胴径15~50mm、全長40~100mmまで ※サイズ内でも形状により対応出来ないものもあります。
対応プラボトル 注射用水、生理食塩液、5%ブドウ糖注射液など 50ml~500ml ※一部に対応出来ないものもあります。
対応ソフトバック 注射用水、生理食塩液、5%ブドウ糖注射液など 100ml~500ml ※一部に対応出来ないものもあります。
対応シリンジ テルモ 5ml・10ml・20ml・30ml・50mlの5タイプ(ルアロック)
二プロ 5ml・10ml・20ml・30ml・50mlの5タイプ(ルアロック)
対応注射針 テルモ 18G×1.1/2"(38mm) 21G×1.1/2"(38mm) ルアロックタイプ SB(short bevel)
二プロ 18G×1.1/2"(38mm) 21G×1.1/2"(38mm) ルアロックタイプ SB(short bevel)
JMS 18G×1.1/2"(38mm) 21G×1.1/2"(38mm) ルアロックタイプ SB(short bevel)
消耗品 専用バイオハザード袋、エタノール綿球(指定メーカー品)、HEPAフィルター、プレフィルター、専用シリンジキャップ

> その洗練された動作、本社ショールームでご覧下さい。


このページの先頭へ