• ツイート

調剤支援システム

調剤支援システムの種類

医薬のスムーズな連携を実現する、インフラとしての調剤ネットワークシステム。

調剤支援システム ラインナップ

  • 病棟業務の時間を生み出し、
    適切な薬学的介入の実践を後押し
    薬剤業務支援システム  YUNiCOM-EX-R
    薬剤業務支援システム 
    YUNiCOM-EX-R

    「病棟での処方監査」、「処方薬と検査のチェック機能」、「GS1データバーを用いた最終鑑査」。時代のニーズに対応した薬剤管理システムによる一元化で、院内での安全管理体制の構築をサポートします。

  • 薬剤業務のシステム化で抱える
    お悩みを解決します
    パッケージ版薬剤業務支援システム YUNiCOM Pack-R
    パッケージ版薬剤業務支援システム 
    YUNiCOM Pack-R

    ご利用のユーザー様と約30年の年月の中で蓄積してきたノウハウを凝縮し、標準機能をパッケージ版としてまとめたものが「YUNiCOM Pack-R」です。
    「充実機能はそのままで、導入コストはより少なく・・・」そんな声にお応えし、システム化による効率改善とリスクマネジメントの両面から院内薬剤業務をトータルサポートします。

  • 薬局のシステム化を検討中の病院様
    薬局入力専用パッケージ型薬剤業務支援システム YUNiCOM Pack-Lite
    薬局入力専用パッケージ型薬剤業務支援システム YUNiCOM Pack-Lite

    選択型パッケージソフトと低価格設定がシステム導入を後押し。
    調剤業務の効率化と安全性の強化を実現します。

  • 分包だけではない。
    新たな機能が新たな価値を創り出す
    多機能型錠剤分包制御ソフト 錠剤Pack
    多機能型錠剤分包制御ソフト 
    錠剤Pack

    錠剤分包機制御パソコンにソフトを追加することで、「薬情」「薬袋」が印刷可能となりました。
    ※薬情・薬袋・指示箋・ラベル出力には別途指定プリンタが必要です。

  • ファーマシューティカルフィールド拡大に対応
    病棟業務支援システム Pharma RoadⅡ(ファーマロード2)
    病棟業務支援システム 
    Pharma RoadⅡ(ファーマロード2)

    従来の薬剤管理機能に加え、病棟薬剤業務支援機能の追加・充実でリニューアル。
    患者様の入院から退院まで、薬剤管理指導の業務の流れに沿って運用いただけます。

  • まさに、医薬品関連情報の百科事典!
    新世代医薬品総合データベース MDbankPrime
    新世代医薬品総合データベース 
    MDbankPrime

    このデータベース1本ですべての調剤・鑑別から病名までフルカバー。
    データベースの整合性やメンテ一本化を実現したい、保険請求時のチェック精度を高めたい、病名やOTC薬とのチェックも行いたい、などのご要望にお応えします。

  • がん化学療法をささえる
    その他システム
    がん化学療法管理システム CCMS/抗がん剤鑑査支援システム ケモ助
    がん化学療法管理システム CCMS/抗がん剤鑑査支援システム ケモ助

    薬剤部・薬局でのレジメンチェックとスケジュール管理により情報の一元化・共有化を行い、がん化学療法のリスクマネジメント環境をサポートします。

  • 今、そしてこれからの病院経営を
    物品管理面から強力にサポートします
    院内トータル物品管理システム メルス
    院内トータル物品管理システム 
    メルス

    医薬品・医療材料・日用消耗品など院内物品の在庫状況をトータル管理。ユヤマ薬剤支援システムから医薬品の消費情報を自動取得。
    物品管理業務の効率化に大きく貢献します。

  • 医療のIT化と使い易さを志向した次世代ファーマシーのスタンダードシステム
    保険薬局向け調剤支援システム YUNiCOM-DSx
    保険薬局向け調剤支援システム 
    YUNiCOM-DSx

    調剤支援システムを導入する機会は数年に一度。しかし、調剤業務自体は紙捨てう導入後もずっと継続して行われるものです。システムが稼動し始めた後にこそ貢献できるようにという視点で、YUNiCOM-DSxは各種の解析データをご提供致します。

  • 薬局と患者さまを満足でつなぐ、
    進化した保険薬局システム
    保険薬局システム 調剤Melphin/DUO(メルフィンデュオ)
    保険薬局システム 
    調剤Melphin/DUO(メルフィンデュオ)

    医療現場の激しい環境変化に対応し、3つのキーワード「Simple=視認性」「Speedy=操作性」「Safety=安全性」の向上から生み出される「患者様の満足度の向上」で薬局業務に差をつけます。

  • 集合知が店舗数を
    最大の武器に仕立て上げる
    薬剤業務本部管理システム Phaledge(ファレッジ)
    薬剤業務本部管理システム 
    Phaledge(ファレッジ)

    本部管理の強化でより組織力の強いチェーン店に。
    本部にて各店舗状況を一括把握、本部から各店舗へ一括情報配信。集合知のマネジメント時代到来です。