2021.05.28電子カルテ

【電子カルテ活用】電子カルテと医療事務の関係性について

Pocket

医療事務の電子カルテ

療事務の業務内において深く関わりをもっているのが「電子カルテ」です。

医療事務の業務を今以上に効率化させ、スムーズなものにするためには電子カルテが不可欠なのです。

今回は電子カルテ活用として、電子カルテと医療事務の関係性についてご紹介していきます。

医療事務と電子カルテの関係性

近年の医療現場では電子カルテの導入が進むなど、IT化が徐々に広まりつつあります。

そのため、医療事務の仕事を続けていく際には専門的な医療の知識だけでなく、IT化に対応できる電子スキルが必要になってくるでしょう。

医療事務の専門資格を取得することはもちろん、最近ではある程度のパソコンスキルを保有していることも医療事務の仕事を行ううえで重要視され始めているのです。

医療事務の資格にプラスして最低限のITスキルも身に着けるようにしておくと安心だと言えるでしょう。

医療現場への電子カルテの導入が進んでいる昨今において、IT知識は非常に役に立つ技能であるため、通信講座などで事前に勉強してみるのもおすすめです。

医療事務で使用される「レセコン」と電子カルテの関係は?

医療事務の業務内では、診療報酬明細書の電子作成が行える「レセコン」を会計業務の際に使用する場合が殆どだと思います。

電子カルテが導入された場合でも、医療事務が実際に操作を行うのはこの医事会計システムのレセコンですが、医師が扱う電子カルテとの相互接続で運用される為、医療事務を行ううえではレセコンと同じように、電子カルテも深く関わりをもつものと認識されています。

特に診療所向けの電子カルテシステムのパッケージソフトウェアでは、電子カルテと医事会計が一体型となっているものも多くみられます。

医療事務での電子カルテ導入メリットとは?

導入のメリット

医療事務での電子カルテ導入のメリットについてご紹介します。

電子カルテを導入することによって、大量の紙カルテの中から必要な患者さんの情報を探しだす必要も無く、生年月日・診察券番号などを検索してすぐに欲しい情報を見つけ出すことができます。

紙カルテの場合は膨大な数の紙データを管理することが大変であるため、紛失リスクも高くなってしまうのですが、電子カルテであればそのリスクもありません。また手書きではなくコンピュータ入力になるため医療スタッフが、カルテ情報を把握するスピードの向上にもつながるでしょう。

このように電子カルテを医療事務に導入させることで、さまざまなメリットを得ることができるのです。

医療事務の手間を全体的に省くことができるため、これまで行っていた業務の負担が軽減され、患者サービスの向上等これまでは充分に行えていなかったかも知れない業務改善も可能です。

医療事務の受付・会計業務を効率的かつスムーズに行うことができるため、そのメリットは非常に大きいと言えます。

医療事務経験が無いと電子カルテの操作は大変?

電子カルテの操作

「医療事務の経験が無いと電子カルテの操作は大変なのでは?」と思う方もいるでしょう。

確かに初めは難しいと感じる部分も多いですが、使い続けていくことで徐々に慣れて早く操作できるようになります。

その為にも、電子カルテの操作を覚え始める前には、基本的な診療報酬の知識を深めておきましょう。実務経験はなくとも、保険算定の知識、スキルが一定レベル以上であれば問題ありません。

電子カルテ・レセコンの導入により、手書きすることや自分で計算を行うことは不要になります。

しかし、きちんと正しい入力を行うために医療事務とITについての勉強をしておくことは就労者としての礼儀です。

ユーザー様の声から生まれた新機能搭載、進化した誰もが使える電子カルテ

進化を遂げた、誰もが使えるクラウド型電子カルテ

全国最大級の開業物件検索サイト

タグ : 医療事務 電子カルテ
Pocket