• ツイート

Company Policy

株式会社 湯山製作所/株式会社ユヤマ

本社社屋
本社社屋
岡山工場
岡山工場
研究棟
研究棟

Company Policies

オリジナリティのある発想を、クオリティの高い技術で、ヒューマニティあふれる製品に。
それがYUYAMAの、変わることのないポリシーです。
私たちは、この不変の姿勢をさらに高い次元で医療機器というカタチにするために、もっと前進し、挑戦し、進化して参ります。

企業理念
我が社は常に、創造力と最先端技術をもって、医療を通じ社会に貢献し、その報酬をもって、我が社の限り無き発展と社員一同の豊かで健康な生活向上を目指す集団です。
ORIGINALITY独創力が独走力を生む
他社のコピーはしない。
コピーされる技術を目指す。
飽くなきオリジナリティーへのこだわりこそ、私たちの原点です。
QUALITY正確に、そして誠実に
先進の製造ラインと最新のユーザー管理。
それはいわば、お客様との信頼感を生産する過程でもあります。
HUMANITY人が作り、人が使う
先進の製造ラインと最新のユーザー管理。
それはいわば、お客様との信頼感を生産する過程でもあります。
Manufacture高品質な製品は、高いモラルから生まれる
製造部では、高品質な商品を安定して生産するために、何よりもスタッフのモラルを重視しています。ただ一つのパーツを担当しているという意識から脱却し、工程全体の中での自分の役割を認識する。
そして医療という崇高な行為に、商品を通して関わっているという誇りを持つ。スタッフ一人一人の高い意識こそ、ハイクオリティーな生産力のバックボーンなのです。
Developmentユヤマは創業以来、分包機の歴史を常にリードしてきました
オリジナリティーの追求。それが今日まで一貫して受け継がれる、製品開発のポリシーです。
例えば、調剤業務に欠かせない分包機。昭和39年の創業から、私たちはスライド式分割機構やR円盤式分割機構を矢継ぎ早に開発。製品化されるやたちまち業界のスタンダードになりました。以来この分野をリードし続け、「分包機の歴史はユヤマの歴史」と評されるまでになりました。
Innovation高齢化社会、医療制度の改変、今、大きくゆれる医療現場
高齢化社会の到来による、介護保険制度や在宅医療の問題。
医薬分業の進展や、薬価制度の見直し。 今、医療の現場は、根底から揺れ動いています。
そんな激変の中、唯一変わらず、それどころか、近年ますますクローズアップされつつあるもの、それは患者さんの立場に立った医療サービスの推進です。
ヒューマンホスピタルを標榜するユヤマも、医療機器を通して、体温のある医療体制作りをバックアップして参りました。 それは例えば、医療側の負担を軽減し、インフォームドコンセントにも貢献する調剤支援システム”ユニコム”など、様々な商品としてカタチとなっています。 このような時代の要請を、最も敏感に感じているセクションが営業部、高感度かつ人間味あふれるアンテナとして、お客様の声を、製品にフィードバックしています。

ISO 9001:2008 認証取得

このポリシーに対するひとつの答えが、ISOの認証取得でした。高品質な商品を送り出すための、たゆみない開発努力、厳しい品質管理体制が認められ、湯山製作所は国際規格 「ISO 9001」 認証を取得しました。
ISO 9001:2008

株式会社 湯山製作所では、国際標準化機構 (International Organization for Standardization)が定めた国際規格である、ISO 9001:2000認証を 2003年3月 取得いたしました。2010年10月にはISO9001の2008年版である、ISO9001:2008認証を取得しました。

ISO 9001:2008は、「品質マネジメントシステム要求事項」と言われる国際規格であり、顧客満足向上の追求が重要視されています。
ISO 9001:2008認証は、社内に品質マネジメントシステムが構築され、それが要求通りに運用されている事を第三者審査機関により認証されたことを示しています。
認証の取得により、顧客満足とその向上のために必要なプロセスを識別、管理し、さらに継続的改善の仕組みが構築されていること、 そして、それが適切に運用されていることが実証されました。

認証取得を機に、これからも顧客満足度をより高め、みなさまから信頼いただける企業としてより一層努力してまいります。

ISO 14001 認証取得

ISO 14001

株式会社 湯山製作所 岡山工場では、業界他社に先駆けて、2003年9月にISO14001を取得しました。
ISO14001は「環境マネジメントシステム」の国際規格であり、企業市民として環境に負担をかけない生産活動・体制に対して、その認証が行われます。
岡山工場では、廃棄物の削減、エネルギー使用量の削減、リサイクル活動などを実施し、クリーンな生産体制作りに取り組んできた成果が公式に認められたわけです。
品質向上による顧客満足にとどまらず、環境満足・社会満足をも目指して、湯山製作所の取り組みは続きます。
2015年度 環境報告書(PDF: 10MB)

ISO 13485 認証取得

ISO 13485

株式会社湯山製作所の本社工場・第二工場・研究開発棟は、2006年9月に国際規格である、ISO13485も取得しました。

ISO13485は、「医療機器製造マネジメントシステム」における国際規格であり、人命や健康に大きな影響を及ぼす医療機器に対して求められる、高度な専門性を有した品質管理や保証を要求される内容となっております。
日本のみならず、世界中の医療機器規制はこのISO13485に準拠して設けられており、ワールドワイドにその品質を維持できる体制を評価されたという認識のうえ、さらに一層の研鑚を積んで参ります。

プライバシーマーク 認証取得

株式会社ユヤマは、お客様からお預かりする患者情報や診断情報といった機微な個人情報を適切に取り扱う【保健医療福祉分野のプライバシーマーク認定事業者】です。ご使用になる製品はもちろんのこと、安心してお使いいただける様々な環境面においてもユヤマは全社一貫体制で取り組んでいます。
プライバシーマーク

株式会社ユヤマは、2008年8月付で『保健医療福祉分野のプライバシーマーク』付与認定指定機関の一般財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)から認定を受け、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC)よりプライバシーマークの使用を許諾されました。

プライバシーマークは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者に対して付与され、その使用が認められます。『保健医療福祉分野のプライバシーマーク制度』は、基本的に一般事業者のプライバシーマーク制度と同様ですが、「JIS Q 15001」に準じて策定した保健医療福祉分野のプライバシーマーク認定指針を適用範囲とし、保健医療福祉情報のような、一般の事業者では取り扱わない特定の機微な個人情報(JIS Q 15001 3.4.2.3)を主として取り扱う病院、診療所、調剤薬局やその他、保健医療福祉・福祉分野に関連する事業者(取り扱う全ての個人情報の5割以上)が対象となり、特に『保健医療福祉分野のプライバシーマーク制度』と呼んで区別されています。

医療に従事されるお客様からお預かりする患者情報や診断情報といったその他特定の機微な個人情報を適正に取り扱う事業者として、ユヤマは今後も、個人情報保護に関する継続的な改善の実行を行い、個人情報保護の管理・運営を徹底して参ります。