2019.07.18電子カルテ

知ってて当たり前?!電子カルテの基礎知識

Pocket

電子カルテは便利なシステムで、様々なメリットがあります。

多くのメーカーが販売を行い、全国に普及するように様々な工夫を行っています。

基礎知識を知り検討して導入することで、業務の効率化を図ることができます。

クリニック向け電子カルテの特徴

電子カルテは医療用の情報システムで、従来紙で記録されていた医療情報を電子化してコンピュータシステムで管理するようにしています。

紙のカルテでは時とともにカルテの数が膨大となり管理場所に困るという問題が出ていたり1人がカルテを見ている時には他の人がカルテを見ることができないなどの問題がありましたが電子カルテはコンピュータシステムで医療カルテの情報を扱うため従来の紙のカルテのそういった課題をクリアしています。

また、電子カルテにはクリニック様に対して、必要な機能を絞り込んだパッケージ型の

クリニック様向けのものもありますので、気になる方はチェックしてみるようにしましょう。

導入する際のポイント

3を示す女性

導入する際のポイントは3つあります。

1つめは予算設計で、運用コストを回収するために単価と患者数の予測をベースに回収計画を立てて必要な機能を取捨します。

2つめは目標設定で、システムの導入によってどのようなサービスを提供したいかを考えます。目標設定を行うことで、医療機関にとって本当に必要なシステムを絞り込みます。最近は様々なタイプの製品が提供され、それぞれ特徴を持っています。

3つめは運用設計で、全体と職種別に流れを可視化してシェアできるようにします。

IT系のシステムは、しっかりと使いこなすことで効果を発揮し効率よく作業ができます。

毎日使う担当者には機能性を十分に理解してもらうことが大切です。

現場で仕事をしている人々と意見交換を行い、丁寧に指導をします。

電子カルテのメリット

タブレットをもって話す医師たち

電子カルテには多くのメリットがあります。

紙カルテの待ち時間がなくなるので、受付業務や予約業務が楽になります。

会計の時間が短くなることで、患者の待ち時間も短くなります。

必要なことを記載する文書作成の時間も減らすことができます。

病院には毎日数多くの患者が訪れますが、サーバーにデータを保管できるので紙カルテのように保管場所に困ることがありません。

データで取り込むことで看護師も事務のスタッフも医師の指示を正確に把握できるため、間違いを未然に防ぐことができます。

会計時の操作もスムーズになります。

入力した内容や編集、削除がすぐに反映されるので便利に使えます。

今や電子カルテの導入は必須?!

コストをかけて電子化することを躊躇する病院もあります。

慣れ親しんだ紙カルテから電子化したカルテに移行するのは、特に小規模の医療機関にとっては大きな決断になります。

コストだけを考えると紙の方が安いですが、電子カルテを上手く活用できれば将来的に投資した分のコスト取り戻し利益を出すことが可能です。

紙のカルテだと他のスタッフが持っていると戻ってくるまで閲覧ができませんが、電子化されたカルテであれば複数のスタッフが共有できます。

緊急コール時でも、無駄な時間を使わずに指示を出せます。

最近ではクラウド型のシステムも登場しています。

クラウド型は情報をすべてインターネット上で管理します。

クラウド上にアクセスして情報を得るため、パソコンやタブレットがあれば場所を選ばずに利用することができます。

おわりに

電子カルテはメリットが多く、上手に活用することで業務効率を大幅に向上させることができます。

メーカーごとに様々な製品を開発し販売を行っていますが、どのメーカーの製品も機能性が高く使いやすいです。

電子カルテの導入がまだであればこの機会に一度導入を検討してみるのもいいかもしれません。

ユーザー様の声から生まれた新機能搭載、進化した誰もが使える電子カルテ

全国最大級の開業物件検索サイト

Pocket