2019.07.18電子カルテ

電子カルテと紙カルテを徹底比較!

Pocket

AとBどっち?

最近、医療機関などで電子カルテが導入されているのを目にすることも多いと思います。

紙カルテと比較して、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

電子カルテとは?

タブレットを使う医師

電子カルテとは、診療記録などカルテの情報を電子化したシステムのことをいいます。

従来のように紙を使うことはありません。

紙カルテと違って、どこにいてもパソコンやタブレット端末などがあれば患者のカルテを簡単に引き出すことができます。

また、カルテに記載されている情報をただ電子化するだけではなく、医療機関の業務全体を効率化する機能が搭載されているものもあります。

会計業務に使われることもありますし、検査結果を書き入れることも簡単です。

まだ全国どこの医療機関でも使用されているというほどではありませんが、現在徐々に普及率が上がってきており今後もより一層普及していくことが期待されています。

電子カルテのメリット・デメリット

紙媒体だと探す手間がかかってしまいますが、電子カルテなら検索するだけで簡単に必要な情報を引き出すことができ、すぐに編集を行うことが可能です。

また、文字が読みやすいというメリットもあります。

人が書いた文字だとクセがあるので、場合によっては読みにくいことも少なくありません。

それから紙を保管しておくためのスペースも省くことができます。

その反対にデメリットとしては、停電時など災害が発生した場合に利用できないリスクが挙げられます。

ウイルス等に備えるためにセキュリティ対策も必要になります。

カルテには個人情報が詰まっているので、高度なセキュリティ対策が求められます。

紙カルテのメリット・デメリット

紙媒体であれば電子カルテのように導入時に多額の費用がかかるということはありません。

また、紙カルテには災害に強いというメリットもあります。

災害が起きると停電が発生して電気が使用できなくなることがありますが、紙であれば停電は何の問題もありません。

その反対にデメリットとして挙げられるのは、誰かが使用している時にはカルテを閲覧することができないという点です。

保管場所が必要になるということもデメリットです。

紙カルテは量も膨大になりがちなことから管理も大変です。

比較結果

タブレットを患者に見せる医師

電子カルテは紙カルテに比べて、患者の情報が引き出しやすいという特徴があります。

検索すればすぐに見つかりますし、編集なども簡単に行うことができます。

一人の人が閲覧していても、他の場所で別の人が閲覧するといったこともできます。

それにより業務をスムーズに進められることにつながります。

電子媒体だと字が読みやすいというメリットもあるので、複数の医師や看護師が診療に携わる業務にこそ向いています。

初期投資にかかる費用は紙カルテに比べて高くなりますが、業務が効率化されることで人件費が抑えられるなど、それを上回る効果を期待できます。

保管スペースも省くことができるでしょう。

ただし、高度なセキュリティ対策を行う必要はあります。

おわりに

電子カルテにも紙カルテにも様々なメリットとデメリットがあります。

どちらか一方に頼るのではなく、それぞれの強みを生かした使用方法をすることにより、より一層業務の効率化がすすめられるのではないでしょうか。

ユーザー様の声から生まれた新機能搭載、進化した誰もが使える電子カルテ

全国最大級の開業物件検索サイト

Pocket