• ツイート

YUYAMA USAYuyama Pharmacy Automation Innovation

YUYAMAは米国での調剤事情に合わせた製品を提供することで市場拡大を進めており、調剤機器のリーディングカンパニーとして培った技術を活かしてブランドの更なる浸透を図ります。

YUYAMA USA
  • YUYAMA USA
  • 現在5箇所の拠点(①イリノイ本店②コネチカット支店③フロリダ支店④テキサス支店⑤カリフォルニア支店)を設置しています。お客様からの要望に対し迅速に対応できる様、専用コールサポート体制等、万全の体制を敷いています。

製品紹介錠剤バイアル払出し装置

錠剤バイアル払出し装置

この製品は元瓶からカセットに充填し、専用のバイアル瓶に薬品毎の払出しを行います。全自動タイプになりますと、ロボットが適切なサイズを選び、カセットから必要数払い出される錠剤を自動的に受け取りにいきます。ラベルさえロボットが貼り付けてくれるので、人手を必要とする残る作業はキャップを閉めることのみです。

  • 全自動機 EV220

    全自動機 EV220
  • 全自動機 EV120

    全自動機 EV120
  • 半自動機 EV54

    半自動機 EV54
特徴
● 払出し形態
専用バイアル容器(患者・薬品単位)
● 払出し速度
160処方/1時間
● 充填方法
充填したい薬品を元瓶から専用カセットにバラ入れにて充填
● 外形寸法
W737×D1,676×H1,981mm
● シリーズ機
処方量に応じてバイアル容器サイズを選択し払い出す全自動タイプ
▶ EV120、EV220
バイアル容器を薬剤師が選び手動で機械にセットする半自動タイプ
▶ EV54

製品紹介全自動錠剤カウンティングマシン

全自動錠剤カウンティングマシン

この製品は、投入した錠剤の刻印を撮影するカメラと、調剤完了後のバイアル容器及び処方箋を撮影するカメラを搭載しています。バーコードチェックにより処方データと撮影画像を別室の薬剤師が集中鑑査することを。薬剤師数を最小限に留めて、大幅なコストダウンとエビデンスの記録を実現。

特徴
● 払出し形態
専用バイアル容器(患者・薬品単位)
● 充填方法
錠数カウントしたい薬品を元瓶から専用カセットにバラ入れにて充填
● 外形寸法
W334×D374×H344mm
● 用 途
処方箋に基づく錠剤の調剤、錠剤の在庫棚卸作業、全剤形対応の処方画像記録

製品紹介全自動錠剤分包機 PROUD

PROUD

RFIDチップ搭載カセットにより、カセットを番号以外の位置に装着しても間違いなく分包できるので、カセットの装着間違いに起因する調剤ミスは起こり得ません。GS1データバー認識で充填業務も確実に行えます。薬品の払い出し予定データではなく、実際に払い出した実データに基づいた薬包印字を行うことを可能にした新発想のリボルバーユニットを搭載。

特徴(欧米仕様)

● バーコードリーダー、DTAユニット、RFIDアンテナ、着脱縦板付き。

● 外形寸法
W890×D930×H1,998mm(260PROUD/330PROUD)
● 分包速度
60包/分(MAX)