マスター配信サービス

YUYAMA在宅シリーズ

YUYAMA在宅シリーズの種類

地域包括ケア時代に、信頼を集める薬局へ!!

YUYAMA在宅シリーズ ラインナップ

  • 「ほどき」作業、
    仕分けストレスからの開放
    一包化錠剤仕分け装置TABSORT
    一包化錠剤仕分け装置
    TABSORT

    分包された錠剤を再利用する仕分け作業には、仕分けミス、戻しミスというヒューマンエラーが存在します。TABSORTは、「形状」「外寸」「色」「識別コード」で錠剤の特徴を判別し、同じ特徴を持つ錠剤ごとに自動的に仕分けをすることで、そのような課題を解決します。
    分包機能を使えば、カセットのない錠剤をそのまま保管することも可能です。(分包機能はオプションです。)
    ※薬剤師による候補画像との確認が必要です。

    型式 YS-TSR-01
    外形寸法 幅720mm×奥行690mm×高さ1,700mm
    仕分けカップ数 40個
    投入トレイ数 1個(4区画)
    投入トレイ
    容量
    823cc ※4区画合計の容量
  • 薬包はしっかり綴じれて、
    キレイに外せる!
    YS-YT-C1
    薬包綴じ機 クリンプル

    上下の圧着ローラーで複数の分包品やヒート品をしっかり、確実に綴じます。
    ホッチキス(ステープラー)やテープを使っていないので、『針の誤飲』、『指のケガ』、『薬包破れ』といったリスクなく、安心して使用できます。





    型式 YS-YT-C1
    外形寸法 本体:幅182×奥行230×高さ159mm
    (分包紙ガイド70mm時の場合:奥行258mm)
    圧着枚数 2〜4枚
  • 入居者様への配薬時の誤薬、
    配薬忘れ防止をアシスト。
    施設向け配薬支援システムDOCOAS
    施設向け配薬支援システム
    DOCOAS

    施設での配薬時に起こりうる可能性がある「異なる入居者様への渡し間違い」、「服用時期の間違い」、「お薬の渡し忘れ」といったミスを防ぐために、施設向け服薬支援システムDOCOASがアシストします。

  • 長期処方の分包品を自動で巻き取り。
    自動巻き取り装置
    自動巻き取り装置

    施設を含む在宅に対応している薬局などで、一度に大量の分包を行うことがある場合、排出される分包品を手でまとめる時間と労力が不要になります。病院内の定期処方、外来患者への長期処方で、大量の分包品を排出し、タブサイトSで一包化鑑査している場合は分包品のねじれ等を防止し、紙詰まり発生を抑えることも可能です。

    型式 YS-TABR-01
    外形寸法 幅500mm × 奥行400mm × 高さ1,030mm
    巻き取り包数 約550包(ダミー錠剤1錠、薬包幅80mm)
    利用可能機種 錠剤分包機(PROUD/Litreaシリーズ)/
    一包化錠剤鑑査支援装置(TabSight/TabSight-S)