マスター配信サービス

全自動錠剤分包機

全自動錠剤分包機の種類

省力化のみならず安全性も重要視されている昨今において、患者さんが『安心』『信頼』を抱けるようサポートするためにも、錠剤分包機はより患者志向に進化します。

全自動錠剤分包機 ラインナップ

  • 好きな時にその場ですぐに薬品変更が可能
    新発想の錠剤カセット
    全自動錠剤分包機 200/264PROUD-VC(-UC4/UC8)
    全自動錠剤分包機 200/264PROUD-VC(-UC4/UC8)

    後発薬の採用時や、薬品形状の変更時には同じ錠剤カセットは使えませんでした。その常識を覆す新たな錠剤カセット「VC(バリアブル・カセット)」が誕生。
    新たな注文の手間も時間もいらない、変えたい時に現場で、そしてご自身で変えられる新発想の錠剤カセットです。



    型式 YS-TR-200FDSⅡ-VC
    YS-TR-200FDSⅡ-VC(-UC4/UC8)
    外形寸法 UC無し:幅890×奥行930×高さ1,998㎜
    UC有り:幅890×奥行1,030×高さ1,998㎜
    掲載カセット数 M160個・SS40個
    形式 YS-TR-264FDSⅡ-VC
    YS-TR-264FDSⅡ-VC(-UC4/UC8)
    外形寸法 UC無し:幅890×奥行930×高さ1,998㎜
    UC有り:幅890×奥行1,030×高さ1,998㎜
    掲載カセット数 M264個
  • 『省力化』から『安全性』へ、
    錠剤分包機はより患者志向に。
    全自動錠剤分包機 PROUDシリーズ 半錠対応UC(ユニバーサルカセット)製品紹介はこちら
    全自動錠剤分包機 PROUD406 (-UC4/-UC8)
    全自動錠剤分包機 PROUD520

    錠剤カセットの装着位置を自動認識するRFIDチップ搭載カセットを採用。GS1データバー認識で充填業務も確実に行えます。オプションで薬品形状に合わせて可変するUC(ユニバーサルカセット)も選択可能。使用頻度により、UC搭載数は4個または8個から選択できます。
    薬品の払い出し予定データではなく、払いだした実データに基づいた薬包印字を可能にしたリボルバーユニットを搭載。万が一の操作不良による薬品誤落下も、検知した後に当該包に警告印字します。
    ※UC(ユニバーサルカセット)払出時は後印字出来ません。

    型式 YS-TR-406FDSⅡ(-UC4/-UC8)
    外形寸法 UC無し:幅1,291×奥行930×高さ1,998mm
    UC有り:幅1,291×奥行1,030×高さ1,998mm
    分包速度 60包/分
    型式 YS-TR-520FDSⅡ
    外形寸法 本体:幅1,780×奥行930×高さ1,998mm
    分包速度 60包/分
  • 新発想の錠剤カセット「VC(バリアブル・カセット)」が
    リトリアにも対応!
    小型全自動錠剤分包機 128/152LitreaⅣ-VC(-UC4)
    小型全自動錠剤分包機 128/152LitreaⅣ-VC(-UC4)

    新たな注文の手間も時間もいらない、変えたい時に現場で、そしてご自身で変えられる新発想の錠剤カセット「VC(バリアブル・カセット)」がリトリアにも対応。

    従来機に比べ、モーターベースの汚れ検知機能が新たに追加され、ジャーナルプリンターがパーシャルカット機能付になりました。

    オプションで薬品形状にあわせて可変するUC(ユニバーサルカセット)も選択可能。また、施設内のイメージに合わせてネイビーブルー、ワインレッド、ミントグリーンの3種類から色を選ぶことができます。

    型式 YS-TR-128FDXIV-VC(-UC4)
    外形寸法 W 610 × D 627 × H 1,968mm
    掲載カセット数 M 56個・SS 72個
    型式 YS-TR-152FDXIV-VC(-UC4)
    外形寸法 W 775 × D 627 × H 1,968mm
    掲載カセット数 M 80個・SS 72個