マスター配信サービス
ページトップ

先輩社員の声What kind of talented person?

Profile05
SS部メルス課
安尾 宣哉(ヤスオ ノブヤ)

元々はSEとしてYUYAMAに入社しました。SEとしてお客様にシステムを提案する中で、何故これができて、これはできないのかということを説明できない場面が多々あったんです。システム本体の開発に携わり、その仕組みを理解していれば説得力のある提案ができるはずだと考え、システムの開発に携われる現在の部署への異動願いを出しました。

安尾さんのお仕事について教えてください。
YUYAMAのSS部という部署は、病院の薬剤部の先生方からの要望をまとめ、システムの改修を行い、再度提案を行う部署です。この『改修』について、自分自身をスキルアップし理解を深めるため、開発に異動願いを出しました。若手の社員は開発を経験し、構造を知った上で現場に行くべきだという部署の方針もあり、自分の意見も言いやすかったですね。しっかりと今の仕事を習得して、再度SEとして活躍したいです。
今の仕事の魅力は何ですか?
新規のシステムを開発している部署ですから、上手くいけば自分のアイディアが次期システムとして採用される可能性があるんです。そうやって自分で試行錯誤したものがカタチになって、お客様にご利用いただけると思うとやりがいを感じます。絶えずアイディアを求められる仕事なので、それに応え続けることが課題ですね。
仕事の中で驚いたのはどんなことですか?
やはり、ドクターや薬剤師の先生は非常に頭の良い方だと痛感します。中にはご自分でシステムを作られている方もいらっしゃるので、こちらの提案をすぐにご理解いただき、良い・悪いの判断がとても速いんですよ。それだけに、こちらもプライベートでも常に勉強していないと大変なことになりますね。もちろん分からないこともありますが、時には仕事を通して出会った先生に「こういうことあったのですが、どう思いますか?」って教えを請うことも。お客様とそういった間柄になれたことも驚きのひとつですね。
現在のお仕事を一言で表すなら?
薬剤師の先生方への『貢献』だと思います。YUYAMAの掲げている企業理念に『医療を通じ社会に貢献し・・・』とありますが、まさにその通りですね。現場の先生の業務を省力化し、より安全・安心な調剤環境になるよう、製品を通してサポートすることが、私の使命だと思っています。
就職活動中の学生さんに一言お願いします。
友達を大切にしてください。社会人になると、人間関係も社会人同士の人間関係に偏る気がするんです。もちろん、そういう人間関係にも良い面はたくさんあります。でも、友達や恋人、家族など、いざという時に相談できる相手や、お互いに本音で話せる人間関係を今のうちに築いて大切にしてほしいですね。