2020.10.06電子カルテ

【在宅医療・訪問診療】電子カルテの運用効率を良くする機能!

Pocket

訪問診療の医師

在宅医療や訪問診療を行ううえで、紙のカルテを使う方は多いでしょう。

しかし、近年では電子カルテによる業務の効率化が注目されています。

そこで今回は、在宅医療や訪問診療で電子カルテを利用するメリットや、運用効率が良くなる電子カルテの機能についてご紹介します。

在宅医療や訪問診療向けの電子カルテについて

訪問診療での電子カルテ

紙カルテが使われている医療機関では、訪問診療時には対象患者のカルテを持参し、持ち帰るという運用を行います。外来診療(院内)部分は電子カルテ導入済という場合でも、対象患者の電子カルテデータを紙に印刷して持ち出し、現場で手書きした内容を帰院後に電子カルテに入力し直すという運用を行わなければならない製品も中にはありました。在宅医療・訪問診療向けの電子カルテとは、そんな外来に加え訪問診療も行う診療所と、在宅医療専門の診療所に向けた電子カルテの事を指します。

近頃では、大半がクラウド型の電子カルテになりました。

ネットにつなぐことができるノートパソコン等があれば、どの患者のカルテでもその場で確認の入力ができるようになっています。

在宅医療や訪問診療向けの電子カルテで利用したい機能

電子カルテの機能

上記で述べたように、在宅医療や訪問診療向けの電子カルテはとても便利です。

実際に、電子カルテを導入すれば、訪問診療にどういった変化をもたらしてくれるのでしょうか。

運用効率を良くする機能は下記の通りです。

訪問記録入力

訪問診療は患者と対面しながらも、電子カルテにその内容を入力していかなければなりません。

それにはやはり、早く正確に入力できる機能を活用する必要があります。

具体的には、定型文を選択して入力できる、過去文書を利用して新しい文書の作成を行う、頻繁に使用する処方を自動学習によって迅速に選択する、などの機能です。

文書作成支援

在宅医療や訪問診療では、毎月書類を大量に発行しています。

しかし、忙しい先生方にとって書類作成は、どうしても負担になってしまう作業の一つです。

電子カルテの内容からデータ引用の文書作成支援機能を利用すれば、その負担は大きく軽減できるでしょう。

文書作成支援機能を使えば、電子カルテ情報・診療情報提供書・居宅療養管理指導書・訪問看護指示書・主治医意見書などの医療文書のフォーマット化が行えます。

おわりに

今回は、在宅医療や訪問診療での電子カルテ利用のメリットや、運用効率を良くする電子カルテ機能についてご紹介しました。

電子カルテを導入すれば業務時間の短縮が可能となり、業務効率は格段にアップするでしょう。

また紙を印刷しなくて済むため、紙のコスト面の心配もいりません。

上記で紹介したものを参考に、自院の診療のスタイルに合った機能を取り入れて使い心地の良い快適な電子カルテにしてください。

ユーザー様の声から生まれた新機能搭載、進化した誰もが使える電子カルテ

全国最大級の開業物件検索サイト

Pocket