2021.07.29電子カルテ

医療クラークで電子カルテを活用する

Pocket

医療クラーク

電子カルテの導入率は年々増加しており、現在未導入の診療所でも導入を検討されている方もいるかと思います。

電子カルテは紙カルテよりも患者さんの情報を管理しやすい一方、日々患者さんのために全力を尽くしている医師にとって、電子カルテへの入力操作が負担となり、結果患者さんにしっかりと向き合ったこれまで通りの診察が行えなくなってしまうのでは、と懸念される方もいるかと思います。

今回は、そんな多忙な医師の電子カルテへの記載をはじめとする事務作業を補助する医療クラークについてご紹介していきます。

 

医療クラークとは?

医療クラークとは、「医師事務作業補助者」の別称です。

医師の事務作業を補助する従事者のことであり、診療所でも医療クラークの活用が広まりつつあります。

医療クラークの業務はカルテの代行記載のほか、医療に関する文書作成代行や医療の質の向上に資する事務作業などがあります。

つまり、医療クラークの業務は医師の事務作業を代わりに行うことで医師の負担を軽くし、医療サービスを向上させることになります。

 

医療クラークでの電子カルテ運用の注意点

クラークでの運用メリット

そもそも、医師の代わりに事務員がカルテを書いても良いのでしょうか?

こちらの疑問については平成19年に「医師及び医療関係職と事務職員等との間等での役割分担の推進について」という通知の中で電子カルテへの記載による医師への情報伝達の旨が記載されております。

つまり、チーム間の情報共有を目的に、医師に代わり電子カルテへの記載を行うことができます。

ただ医療クラークの教育は必要不可欠で、必要な知識やスキルを持ち、理解すべき仕組みなどを理解した上でカルテに記載してもらわなければ、結局医師が操作、記載したほうが速い、といったことになります。

また、記載したカルテの最終責任者は医師になるので、例えば電子カルテの最終承認ボタンは医師が押す、などシステム上に明確な責任者のデータを残す必要があります。

つまり医療クラーク運用の際は、医療クラークはあくまで補助のポジションで、責任者は医師である、という意識を持って業務に望む必要があるのです。

その結果、医院や診療所全体を見ることができ、医師の業務や患者さんの流れや対応をスムーズにしようとコントロールをすることができるようになります。

このように、医療クラークは事務作業等の定量的な補助はもちろん、相手の気持ちを察知して事前に動くことができる定性的な補助の役割も担っています。

おわりに

医療クラークは電子カルテへの記載など医師の事務作業代行者として、非常に頼りになる存在です。

しかし、そんな医療クラークはすぐに活躍することはできません。

医療クラークは大切な頼れるパートナーとなるので、導入している、または導入を検討している医師の方は自らのスタイルに合った医療クラークに教育する必要があります。

まだ医療クラークの導入されていない方は、当記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ユーザー様の声から生まれた新機能搭載、進化した誰もが使える電子カルテ

進化を遂げた、誰もが使えるクラウド型電子カルテ

全国最大級の開業物件検索サイト

Pocket

The following two tabs change content below.