2021.07.08電子カルテ

クリニック用電子カルテの選び方についてご紹介

Pocket

クリニックの電子カルテの選び方

クリニックの開業予定がある方の中には、電子カルテの導入を検討しているという方も多いのではないでしょうか?また、既に稼働中のクリニックに電子カルテを導入すべきか迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クリニックに合った電子カルテを取り入れるには選び方にもいくつかポイントがあるのです。

今回はそんなクリニック用電子カルテの選び方について、導入検討時の注意点も併せてご紹介していきます。

電子カルテの種類について

電子カルテの種類として、大きく2つの種類に分けることができます。

「電子カルテと医事会計システムとが一緒になっているもの」「電子カルテと医事会計システム(レセコン/レセプトコンピュータ)が別々になっているもの」に分けられます。

 

前者のタイプは機能が豊富で、医師・窓口間のデータ共有に優れているということが特徴です。たとえば、医師のコンピューターから患者さんの診察予約の状況を確認することも簡単に行えます。

 

後者は現在使用中のレセコンに電子カルテ機能部分のみ付け足し導入する場合や、日医標準レセプト(ORCA)の導入を前提として、これと相互接続させて使用する為の電子カルテ機能部分のみからなるシステムです。

【クリニック用電子カルテ】選び方のポイント

選び方のポイント

では実際に自院ではどのような電子カルテを導入すれば良いのでしょうか?

選び方のポイントとしては「機能性」「操作性」「価格」「サポート面」の4つが挙げられます。

性能が高くともクリニックの規模に適したものでなければ導入の意味がありません。

電子カルテの価格帯も高い程良いというわけではなく、運用し始めた時の操作のしやすさ・電子カルテの機能が運用現場に適しているかをきちんとチェックしたうえで選ぶようにしましょう。

また見落としがちなのが「サポート面」ですが、手厚いものでなければ導入したとしても運用がうまくいかない可能性が高いです。

電子カルテ導入検討時の注意点

導入検討の注意点

電子カルテ導入検討時の注意点をいくつかご紹介します。

 

自院の診療スタイルに合ったものであるか

自院の診療スタイルに合ったものであるかを確認する必要があります。

患者の来院受付に始まり、診察や検査などを経て窓口会計へと至る患者の動線、スタッフの動線に悪影響を及ぼしてしまうのか、或いは今以上に合理的でスムーズなものへと改善できるのか、各社システムごとに搭載機能や設定変更の範囲は千差万別ですので、しっかりと確認しましょう。

使いやすいか・入力操作はしやすいか

診察時は患者さんと向き合わなければならないため、「入力操作がしやすいか」という点は非常に重要なポイントとなります。

キーボード入力が一般的ですが、タッチペンでの操作が可能なものもあります。

できる限り工数が少ないものを選ぶことで、入力時間を短縮させることにつながります。

また「画面が見やすい」「レスポンスが速い」などの項目も確認しておくと、電子カルテの使いやすさに関して総合的に評価することができます。

メーカーによるデモンストレーションを受け、必ずその場で実際に使用感を確かめるようにしましょう。

会計事務の実施方法を確認

電子カルテとレセコン(レセプトコンピューター)が一緒になっているものを選ぶという方法もありますが、医事会計システムが既にあるという場合、そのシステムと連携させることができるかを必ず確認しておかねばなりません。連携可能なものが限定されているため、注意が必要です。

おわりに

今回はクリニック用電子カルテの選び方について、導入検討時の注意点も併せてご紹介しました。

クリニックに合った電子カルテの選び方のポイントとして、「機能性」「操作性」「価格」「サポート面」の4つの面に着目するということが分かりました。

また導入を検討する際には、診療スタイルに合ったものか・操作がしやすいか・会計事務の確認この3つのポイントに注意しながら自院に合った電子カルテを選ぶようにしてください。

ユーザー様の声から生まれた新機能搭載、進化した誰もが使える電子カルテ

進化を遂げた、誰もが使えるクラウド型電子カルテ

全国最大級の開業物件検索サイト

Pocket