2021.04.09電子カルテ

【電子カルテコラム】レセプト点検とは?業務内容もご紹介

Pocket

電子カルテの点検

「レセプト点検」と言う言葉を聞いたことはありますか?

医療従事者でなければ、あまり馴染みのない言葉かもしれません。

医療事務には「患者さんの窓口対応・診療報酬請求」など、さまざまな業務があります。

その中でも「レセプト点検業務」は専門知識を必要とするため、医療事務の仕事の中でも極めて重要な業務にあたります。

今回は、電子カルテコラムとして「レセプト点検」について業務内容も併せてご紹介していきましょう。

レセプト点検とは?

レセプト点検

「レセプト」と呼ばれる診療報酬明細書を点検していくことを「レセプト点検」と言います。

医療機関では手術や投薬などさまざま種類の診療行為があります。

この一つ一つの診療行為には国で統一されている保険点数があり、行った行為それぞれの点数を計算していくのです。

その合計点数を集計し、レセプトである「診療報酬明細書」を作ります。

レセプト点検は、この明細書の内容が正確なものであるかを点検していくものであり、

医療事務の中でも極めて重要な業務の一つにあたります。

レセプト点検の業務内容

レセプト点検の業務内容

レセプト点検の業務内容についてご紹介していきましょう。

診療基本情報が正しいものであるか

診療基本情報に正しい情報が入力されているかどうかを確認します。

「その病気に対する初診と診療開始時が同じであるか・診療回数や処方薬の回数が同じであるか」といった診療のさまざまな基本情報が正確なものとして登録されているかを確認していく作業です。

算定に漏れがないか

窓口での情報入力に算定漏れがないかを確認していく作業です。

算定の回数は正確か

算定の回数が超えることなく、正確なものであるか確認していく作業です。

食い違いが生じていないか

「診療行為が別々に登録されている・まとめて算定ができない」など食い違いが生じていないかを確認していく作業です。

病名が正確に登録されているか

「病名に漏れがないか・正確な病名が登録されているかどうか」という内容を確認していく作業です。

病名に適した診療行為が行われているか

それぞれに行った診療行為に病名漏れが無いか、また病名に適した投薬や検査等がなされているかを確認していく作業です。

診療日に関する内容の確認

「診療日に誤りがないか」など診療日に関する確認を行っていく作業です。

医薬品に関する内容の確認

医薬品が同じものであっても、病名によって摂取量や摂取期間は異なります。

また年齢により医薬品の剤形も変わってきます。

そういった決まりに合ったものが使われているかを確認していく作業です。

おわりに

今回は、電子カルテコラムとして「レセプト点検」について業務内容も併せてご紹介しました。

「レセプト」という診療報酬明細書に関する項目を一つずつ点検していくことを「レセプト点検」と言いました。

一つ一つの診療行為には国で統一されている保険点数が付けられており、行った診療行為の点数をそれぞれ計算していくことで明細書が作成されるのです。

レセプト点検の業務内容としては、「診療情報が正しいものかどうか・算定のルールに沿った内容であるか・病名に誤りが無いか」などが挙げられます。

これら一つ一つの項目に対して慎重に目を通していかなければなりません。

「レセプト点検」は、医療事務の中でも非常に重要な業務であるのです。

 

 

ユーザー様の声から生まれた新機能搭載、進化した誰もが使える電子カルテ

進化を遂げた、誰もが使えるクラウド型電子カルテ

全国最大級の開業物件検索サイト

Pocket