マスター配信サービス

ピックアップニュースPickup News

毎月1回、薬局さま・病院さま向けのニュースを配信しています。
情報提供元:薬事日報社

  • Pharmacy NEWS
  • Hospital NEWS
  • 2019年11月号

    【薬局薬剤師ら対象に調査】調剤補助者「必要」8割‐取り揃えや在庫管理に期待

    タスクシフトめぐり議論‐処方代行入力、医師は高評価

  • 2019年10月号

    「減薬取り組む薬局少ない」調剤報酬に支払側委員が指摘‐中央社会保険医療協議会総会

    薬剤師への業務移管提案‐医師と事前合意で協働促す‐四病院団体協議会

  • 2019年9月号

    消費税対応、改定薬価を告示‐6121品目が引き上げへ‐厚生労働省

    薬剤師の7割が減薬実践‐緩和領域で処方を適正化‐日本緩和医療薬学会研究推進委員会

  • 2019年8月号

    田宮薬剤管理官「対人業務への流れで議論」‐ 調剤料の20年改定見通し

    CSTD使用、投与時も必要‐国内外指針や基準で明記【日本臨床腫瘍学会学術集会】

  • 2019年7月号

    通知で対人業務の推進を‐安川薬事企画官「前向きに捉えてほしい」(厚生労働省)

    補助者の業務範囲など検討‐「業務あり方検討会」を新設(日本病院薬剤師会)

  • 2019年6月号

    老健施設でも減薬推進‐ マンパワー不足、工夫で補う

    介護病棟で薬剤費4割減‐薬剤師常駐、副作用も防止

  • 2019年5月号

    非薬剤師の業務を例示‐ピッキングや一包化確認‐厚生労働省医薬・生活衛生局

    処方薬乱用防止へ薬薬連携‐お薬手帳の情報共有に活路‐厚生労働科学研究班

  • 2019年4月号

    地域連携薬局「既存内容生かす」‐ 厚労省・森審議官が特別講演

    原則禁忌の一部を禁忌に‐新添付文書記載で方針‐厚生労働省

  • 2019年3月号

    厚労省・安川薬事企画官、GDP導入「各社が考える時期」‐品質確保の取り組み促す

    PBPMで検査実施率向上‐がん患者の蛋白尿を早期把握‐京都市立病院薬剤科

  • 2019年2月号

    【宮本医薬局長】薬機法改正周知に協力要請‐都道府県と議論の場設置へ‐厚生労働省

    ニボルマブを約8000万円廃棄‐DVO実施で薬剤費削減に‐旭川医科大学病院薬剤部

  • 2019年1月号

    薬局を機能別で3区分へ‐「最低限の薬局」含め底上げ

    高齢者薬物療法での「ファーマコ・フレイリティ」、薬剤師の主導的役割に期待

  • 2018年12月号

    地域包括ケアシステムの中で「薬局・薬剤師の見える化を」‐ 吉田医政局長が講演

    ポリファーマシーへの介入‐ニーズ把握と連携が不可欠