ホーム > Pickup News
Pickup News

    2017年2月号

  • 次期改定の議論、第1弾は在宅‐支払側「ICTの活用を」診療側「医療は対面が原則」
  • 詳細へ
  • ポリファーマシー解消は指標‐適正使用のエビデンス構築を‐
  • 詳細へ

    2017年1月号

  • 薬局で会話、薬説明が中心‐患者生活背景の把握少なく‐電通
  • 詳細へ
  • 医療と介護の連携重視-同時改定に向けた考え提示-中央社会保険医療協議会総会
  • 詳細へ

    2016年12月号

  • 薬局数の増加傾向続く‐15年度は5万8326カ所 -厚生労働省-
  • 詳細へ
  • 散剤文化を小児薬開発に‐薬剤師がエビデンス発信を‐小児臨床薬理学会学術集会-
  • 詳細へ

    2016年11月号

  • かかりつけ薬剤師啓発へ、一般向け動画を作成・公開
  • 詳細へ
  • 厚労省「PeOPLe」‐既往歴、服薬歴を一元管理、国民の医療データ統合へ
  • 詳細へ

    2016年10月号

  • フェンス撤去、厚生局に報告不要‐厚労省が疑義解釈‐厚生労働省
  • 詳細へ
  • 包装の色で判断、薬取違え‐薬剤名の確認を注意喚起‐日本医療機能評価機構
  • 詳細へ

    2016年9月号

  • 【16年度改定の影響調査】かかりつけ指導料、54%が届け出
  • 詳細へ
  • 建物外への出入口が必要。「調剤所と同様」判断で見解 - 厚生労働省
  • 詳細へ

    2016年8月号

  • 本当にやれる薬局だけ手挙げを‐健康サポート薬局の参加希望者殺到受け
  • 詳細へ
  • 専門薬剤師の育成必要 - アレルギー対策基本指針で
  • 詳細へ

    2016年7月号

  • 処方箋1枚調剤は12分前後、薬剤師配置基準に「合致」‐厚労科研で薬局の実態調査
  • 詳細へ
  • 地域包括ケア、病院薬剤師の役割検討‐同時改定のデータ収集も必要
  • 詳細へ

    2016年6月号

  • 「薬局の地域活動」で具体例 - 厚生労働省 保険局医療課
  • 詳細へ
  • 疑義照会で1000万円削減‐抗癌剤処方を確認、副作用回避
  • 詳細へ

    2016年5月号

  • 16年度改定の影響把握へ‐6月実績を調査
  • 詳細へ
  • 「調剤所と同様」は認めず‐薬局の構造規制見直し、10月から適用へ
  • 詳細へ

    2016年4月号

  • 電話モニタリングの活用を
  • 詳細へ
  • 閉鎖式器具の使用拡大期待 - 施設環境に応じた選択を
  • 詳細へ

    2016年3月号

  • 「かかりつけ指導料」に70点‐診療報酬改定案を答申
  • 詳細へ
  • 閉鎖式器具使用で180点‐抗癌剤の有効活用へ対象拡大
  • 詳細へ
このページの先頭へ